東風解氷(はるかぜ、こおりをとく)

setubun

節分の翌日に迎える立春は、冬から春に移る時期。

旧暦では1年の始まりとされ二十四節気の始まりでもある。

あらゆる節日の基準日となる。

二百十日は、おわら風の盆の歌の中にも出てくるので、馴染み深い。

立春から数えると9月1日になる。

八十八夜も同様で暦に記して農作業の目安とした。

七十二侯の始まりは、「東風解氷(はるかぜ、こおりをとく)」で立春の初侯。

東風は春風のことで、東から温かい風が吹き、張り詰めていた氷を解かし始める頃という意味。

日足が伸びこの頃から木々も次第に芽吹き始める。

春の兆しが少しずつ現れ始める時節である。

立春の早朝、禅寺では立春大吉と書いた紙札を貼る。

厄除けの意味がある。

延楽では節分と立春に特別な七寸皿を使う。

「鬼は外、福は内のごとく」鬼の顔は皿の外側に描かれ、福は内側に描かれている。

こういう遊び心に福来たる。