陶芸家・釋永由紀夫氏の新作


(ニューヨーク展の出品作品)

釋永由紀夫さんは、越中瀬戸焼き(立山町)の陶芸作家です。

延楽とも古くからのお付き合いで常設展示コーナーが設けられております。

米アップル創業者の故スティーブ・ジョブズ氏が好んだ作家として有名です。

5月16日からニューヨークで「とやま伝統工芸PR展示会」が開催され新作が展示されています。

他に鋳金の重要無形文化財保持者(人間国宝)大澤光民氏、鋳金・吹分技法の第一人者の般若保氏の代表作合計19点が展示されています。

日本の伝統工芸品の繊細な表現に人気が集まっています。

会場は、ニューヨーク・チェルシー地区の大西ギャラリーで、5月22日まで。

黒部峡谷鉄道のゆるキャラ


(黒鉄キャラ「くろべえ」と「でんちゃー」)

本日、5月3日から黒部峡谷鉄道が欅平までの20.1kmの区間を全線開通しました。

これを記念して、午後からトロッコ電車のキャラクター「くろべえ」と「でんちゃー」がデビューしました。

これまでも黒部峡谷鉄道のパンフレット等に用いられていた峡谷の猿をモチーフにしたキャラクターです。

デビュー式後、大勢の観光客に囲まれ、記念写真を撮ったり、握手をしたり人気は上々です。

これからは、北陸新幹線開業に向けたイベントや宣伝などで多忙の毎日を迎えることでしょう。

残雪多い「尾の沼谷」

(残雪が残る尾の沼谷)

黒部峡谷鉄道のトロッコ電車の車窓から残雪に覆われた尾の沼谷が、柳橋駅を過ぎたところから対岸に見えてきます。黒部川本流との出会地点に見える建物は尾の沼体験交流施設「とちの湯」で露天風呂が併設されています。

宇奈月湖に面した露天風呂から湖面に映り込む緑の木々や、今なお残雪多い黒部の山々と新緑の山々を望むことができ加えてロッコ電車が峡谷沿いに走る様を見ることができます。尾の沼の谷は雪解け水が勢いよく流れ激流の音が谷にこだましています。

温泉街からは5km地点で、車で5分のところにありま、近くには宇奈月温泉木管事件の係争地があります。露天風呂の泉質は、宇奈月温泉と源泉が同じなのでアルカリ性単純線で、肌に優しい美肌の湯です。