金光花(キンコウカ)  ユリ科

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 金光花(キンコウカ)  ユリ科
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed

金光花(キンコウカ)は宇奈月の亜高山の湿地帯に自生するユリ科の多年草です。

葉は根生し、形はアヤメのような剣状線形で、先端は尖り基部は鞘状になっています。

花径の高さは20から40cmぐらいになり葉よりも高く出ます。

茎の下半部には短い葉を互生させ、茎の上端に穂のような総状花序を付け黄色の小さな花を多数咲かせます。

花は星型にの6枚の花被片花があり下方から開花していきます。

子房上位で果実は長楕円形で毒性のサポニンを含みます。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
カテゴリー: 宇奈月の山野草   パーマリンク