春雪の下(ハルユキノシタ) ユキノシタ科

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 春雪の下(ハルユキノシタ) ユキノシタ科
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed

haruyukinosita01

春雪の下(ハルユキノシタ)は、宇奈月の山の岩場に生えるユキノシタ科の多年草。

束性した葉の中央より20から30センチメートルの1本の花茎を出し、円錐状に配列した集散花序に多数の白い花をつける。

葉は特徴ある腎円形で裂片には鋭鋸歯があり、花茎とともに粗い腺毛が生える。

花弁は下側の2弁が長く、上側の3弁は広卵形で小さく黄色の斑点がある。

これに対しユキノシタの花弁は赤紫の斑点。

ユキノシタより早く咲く。

信楽旅枕や古伊賀蹲に生けたい。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
カテゴリー: 宇奈月の山野草   パーマリンク