板屋楓(イタヤカエデ) カエデ科

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 板屋楓(イタヤカエデ) カエデ科
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed

itayakede

板屋楓(イタヤカエデ)は、宇奈月の山地に生えるカエデ科の落葉高木。

高さは15メートルから20メートルにもなる。

葉は対生し縁にはほとんど鋸歯がない。

同種の葉団扇楓(ハウチワカエデ)は、鋸歯がある。

花は、若枝の先に散房状花序を垂れ下げ、小さな小花をつける。

4月から5月に、葉よりもわずかに早く開く。

新葉と同色のため、花の存在が分りづらい。

葉は、晩秋には荘厳な黄金色に輝き黒部峡谷を彩る。

欅平周辺には樹齢百年以上の大樹が見られる。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
カテゴリー: 宇奈月の山野草   パーマリンク