越の小貝母(コシノコバイモ) ユリ科

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 越の小貝母(コシノコバイモ) ユリ科
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed

k_kobaimo00

越の小貝母(コシノコバイモ)は、宇奈月の日陰の山の斜面に咲く、ユリ科の多年草です。

早朝ウォークのコースの途中で、雪解けの斜面で先ず見かける花で、宇奈月の自然の豊かさに感動します。

越の小貝母は、北陸に多く分布し茎の長さは5cmから10cmぐらいで茎頂に下向きの一輪の花をつけます。

西洋貝母(ばいも)と比べると小型で、越前、越中、越後の越の国に多く見られるので越の小貝母(コシノコバイモ)と呼ばれています。

この可憐な花は、立山や白馬周辺に見られる高山植物のクロユリに一番近い植物で、学名のFritillariaはさいころを入れる筒の意味です。

海外でも花の形から命名される事がよくあります。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
カテゴリー: 宇奈月の山野草   パーマリンク