溝蕎麦(ミゾソバ) タデ科

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 溝蕎麦(ミゾソバ) タデ科
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed

mizosoba05

溝蕎麦は、宇奈月の山路や谷間などの湿地に自生するタデ科の一年草です。

宇奈月温泉スキー場で群落を作り、白い花が一面に咲いています。

花は枝先に花穂を出し10個ほどの米粒のような形の小花を集めて付けます。

茎の高さは50cmから80cmでまばらに分岐して下向きの棘があります。

葉は鉾型で毛がまばらに生え、萼は5裂し淡紅色、白色などの色があります。

花と葉の形が蕎麦に似て、溝などの湿った所に群生するので、この名前がついたようです。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
カテゴリー: 宇奈月の山野草   パーマリンク