月別アーカイブ: 4月 2018

丸葉満作(マルバマンサク)

marubamansaku00

丸葉満作(マルバマンサク)は、宇奈月の山地に生えるマンサク科の落葉低木。

残雪多い山の斜面でひっそりと細い花を咲かせる。

花は4枚(4数性)で黄色。

葉の先が円頭なのでマルバマンサクと呼ばれる。

日本海側に多く分布する。

和名は、春まず咲くことに由来する

カテゴリー: 宇奈月の山野草 |

檀香梅(ダンコウバイ) クスノキ科

dankoubai

檀香梅(ダンコウバイ)は宇奈月の山地に生えるクスノキ科の落葉低木。

花は葉より早く開く。

花は散形花序で各花序に数個の黄色い花を付け、クスノキ科独特の芳香がある。

枝や葉にも芳香があり、黒文字(クロモジ)とよく似た芳香である。

宇奈月では、満作(マンサク)などと共に春を告げる季節の花である。

カテゴリー: 宇奈月の山野草 |

岩団扇(イワウチワ) イワウメ科

iwautiwa01

宇奈月の雪が解けた岩場に可憐に咲くのは、岩団扇(イワウチワ)。

イワウメ科の多年草。

深山の落葉林下のやや湿ったところや、岩場に生える。

花は、淡紅色の一輪で横向きに開く。

葉は、肉厚で光沢があり広円形で縁には、波状の鈍鋸歯がある。

和名は、葉の形が団扇に似た形状で岩場に生えることに由来する。

雪の残る山道を歩いていると、頭上の岩場から花が回転しながら落ちてくる。

岩団扇の落花である。

カテゴリー: 宇奈月の山野草 |