月別アーカイブ: 7月 2014

鳥足升麻(トリアシショウマ) ユキノシタ科

toriasi_s01

鳥足升麻は、宇奈月温泉の山道の則面に自生しているキノシタ科の多年草です。

梅雨時期に葉よりも上に円錐花序が出て開花します。

花柄は短く白色の小花が並んで付き、すがすがしい甘い香りがします。

この香りで多くの昆虫たちを集めます。

細くてしっかりと真っ直ぐに伸びた茎を鳥の足に見立てて和名がつけられました。

草むらから飛び出している鳥足升麻の姿は、白鷺が止まっているかのようです。

芽吹きの形が鳥の足に似ていることが名前の由来とするところもあります。

カテゴリー: 宇奈月の山野草 |

蕎麦菜(ソバナ) キキョウ科

sobana00

蕎麦菜(ソバナ)は、宇奈月の登山道の斜面に、小さな釣鐘の形をした赤紫色の花をつけるキキョウ科の多年草です。

僧ヶ岳登山道でよく見かけます。

葉は、広被針形で互生し若葉は山菜として食用になります。

茎の切り口から白い粘りのある汁が出て、これが蕎麦をゆでる時の臭いと似ているところから命名されたようです。

類似のツリガネニンジンは、めしべが長く花の外まで伸びているのと葉が輪生なので簡単に見分けがつきます。

宇奈月の山々は、もうすっかり夏の花になりました。

カテゴリー: 宇奈月の山野草 |