月別アーカイブ: 5月 2014

大根草(ダイコンソウ) バラ科

大根草は宇奈月の山道沿いに自生するバラ科の多年草です。

冬期間、根生葉がロゼット状に地表に広がり、大根の葉の形に似ています。

大根はアブラナ科なので科が違い、全く異質です。

茎はまばらに分岐して枝先に五角錐の蕾を1個つけ、上部から順次黄色に開花します。

5個の萼裂片は花時には反曲し、5枚の花弁はほぼ円形で、雌しべ雄しべともに多数あります。

白い花の岡虎の尾や蛍袋によく合います。

カテゴリー: 宇奈月の山野草 |

雪椿(ユキツバキ) ツバキ科

雪椿は、宇奈月の山地の落葉樹林内に自生するツバキ科の常緑小高木です。

日本海側の多雪地帯に多く分布し群落を作ります。

宇奈月では僧ヶ岳登山道に多く見られ、樹形は降り積もった雪に押されて直立できず背が低く分枝が盛んに行われます。

木々を覆う雪が解けると赤い花を付け、残雪の白に美しく映えます。

カテゴリー: 宇奈月の山野草 |