月別アーカイブ: 8月 2013

鬼下野(オニシモツケ) バラ科

鬼下野(オニシモツケ)は、宇奈月の亜高山の沢沿いに自生しているバラ科の大型の多年草です。

下野草(シモツケソウ)に似て大型なので鬼の名がついています。

高さは、1mから2mになり、大型の葉は5中裂し互生します。

初夏に茎頂が分枝し、集散状散房花序が現れ多数の白色の 5 弁の小さな花をつけます。

開花前の多数の蕾は、緑に包まれた白い鹿の子模様なので、なかなか趣があります。

深山に咲いている清楚な純白のオニシモツケは貴賓があります。

白い花を雪に見立てて初雪草とも呼ばれています。

カテゴリー: 宇奈月の山野草 |

下野草(シモツケソウ) バラ科

下野草(シモツケソウ)は、宇奈月の亜高山のやや湿った樹林縁に自生するバラ科の多年草です。

茎は無毛で高さは30cmから大型のもので80cmぐらいになり、葉は掌状複葉で互生します。

頂小葉(複葉の先端にある対にならない一枚の小葉)は大きく掌状に5から7に中裂します。

8月初旬、茎頂に集散花序を作り淡紅色の小さな花を無数につけます。

お茶花に使われる京鹿子は、下野草を園芸品種に改良したものです。

貴賓ある紅色のグラデーションは、蕎麦菜の紺のグラデーションと鳥足升麻の群生の白色が合わさり夏山の色を作り出します。

カテゴリー: 未分類 |