月別アーカイブ: 6月 2013

白雲木(ハクウンボク) エゴノキ科

白雲木(ハクウンボク)は、宇奈月の低山に生えるエゴノキ科の落葉高木です。

樹高は15mにも達し、庭木として植栽されるエゴノキの近縁種で葉が大きいのでオオバジシャともいいます。

葉は、長さ10cmから20cmの卯円形で下面は密毛があって白色です。

新枝の先に長い総状花序をつけ、柄のある白花を多数鈴なりに直下します。

和名は、満開の白花の連花を白雲に見立てたものです。

近くには、ミズキやトチも花を付け、甘い香りが漂ってきます。

カテゴリー: 宇奈月の山野草 |