月別アーカイブ: 9月 2012

深山髪剃菜(コウゾリナ) キク科

深山髪剃菜(ミヤマコウゾリナ)は、宇奈月僧ヶ岳登山道沿いの日当たりのいい斜面で見かけるキク科の越年草です。

根出葉はロゼットをつくって地表に広がります。

開花時期は8月から10月で、分岐した枝の先に黄色の舌状花ばかりからなる頭花をつけます。

全体に粗毛に覆われて触るとざらつき、この硬い毛を髪剃りにたとえ、高山で見られるところから名前が付けられたようです。

やや細身の黄色の花は瓢の花入れに合います。

カテゴリー: 宇奈月の山野草 |

信濃金梅(シナノキンバイ) キンポウゲ科

信濃金梅(シナノキンバイ)は、宇奈月の高山帯のガレ場に咲くキンポウゲ科の多年草です。

茎は直立し草丈は40cm前後で上部で枝分かれします。

根際から生える葉には長い柄があり、掌状に深く5つに裂け、それぞれるの裂片はさらに細かく切れ込みます。

開花時期は7月から9月で花茎3~4cm位の金色の花を咲かせます。

この5枚から7枚の大きな花弁のように見えるのは萼片です。

深山金鳳花と比べると葉、花ともに大きく、花の裏側に緑色の萼片があれば深山金鳳花、無ければ信濃金梅です。

カテゴリー: 宇奈月の山野草 |

深山金鳳花(ミヤマキンポウゲ)  キンポウゲ科

深山金鳳花(ミヤマキンポウゲ)は、宇奈月の亜高山のガレ場に咲くキンポウゲ科の多年草です。

雪渓の雪が溶けると、深山金鳳花が群落を作ります。

葉は、大きく3つに裂け、裂片はさらに細かく裂け、キンポウゲ科の植物の特徴が出ています。

花は黄色で丸みを帯びた5弁花で7月から8月に開花します。

豪雪の年は秋口まで見ることができます。

これとよく似た花が、深山金梅(ミヤマキンバイ)、信濃金梅(シナノキンバイ)がります。

これらは、花の形や葉の形が異なりますので容易に見分けることができます。

カテゴリー: 宇奈月の山野草 |

深山金梅(ミヤマキンバイ)  バラ科

深山金梅(ミヤマキンバイ)は宇奈月の高山の岩場に自生するバラ科の多年草です。

茎は高さ10cmから20cmの小型で、根出葉は太い根茎上に数個つき、卵型で鋸歯のある3枚の小葉からなります。

花は黄色の5片花で花びらの内側はオレンジ色です。

花は、信濃金梅(シナノキンバイ)とよく似ています。

シナノキンバイはキンポウゲ科でトリカブトのように葉の切れ込みが深く、細く分裂しています。

カテゴリー: 宇奈月の山野草 |