月別アーカイブ: 9月 2011

早朝ウォークで見つけた山野草【薙刀香需(ナギナタコウジュ)】

naginatakouju.jpg
香りの強い【薙刀香需(ナギナタコウジュ)】

薙刀香需(ナギナタコウジュ)は、宇奈月温泉の山地の林縁や道端の草地に生えるシソ科の一年草です。
茎はシソ科特有の方形で直立し、分岐が旺盛でまばらに軟毛があります。

秋風が吹くと茎や枝の先に偏側性の薄紫の花穂をつけます。
花穂は薙刀状に少し曲がっているので、犬香需(イヌコウジュ)や川緑(カワミドリ)等と容易に見分けがつきます。

和名はこの形からきています。

花穂に触れるとに香気があり、全草を乾燥させて煎じると利尿、解熱に効き目があるといわれています。

山野草が楽しめる宿 延楽

カテゴリー: 宇奈月の山野草 |

早朝ウォークで見つけた山野草【犬香需(イヌコウジュ)】

inukouju.jpg
宇奈月の山道の縁にひっそりと咲くき【犬香需(イヌコウジュ)】

【犬香需(イヌコウジュ)】は、宇奈月の山道の縁にひっそりと咲いているシソ科の多年草です。
茎はシソ科の特有の方形で、直立して分岐し細毛があります。

姫紫蘇(ヒメジソ)とよく似ていますが、葉の形がやや違います。
茎頂に花穂を出し、淡紫色で小形の唇形花をたくさんつけます。

秋の野山には、あまり目立たない小さな花が多く見られます。

山野草が楽しめる宿 延楽

カテゴリー: 宇奈月の山野草 |

早朝ウォークで見つけた山野草【黒花引起し(クロバナヒキオコシ)】

kurobanahikiokosi.jpg
小さな花がちりばめられた【黒花引起し(クロバナヒキオコシ)】

黒花引起し(クロバナヒキオコシ)は、宇奈月の林道沿いの草地に生えるシソ科の多年草です。
日本海側に多く分布し日本の固有種です。

茎頂に円錐花序を作り5mm程の小花をたくさんつけます。
花はあまり目立ちませんが色が黒に近い濃紺なので、自然の中では珍しい色です。
茎は直立し、シソ科特有の方形で、高いもので1m50cmになります。

引起しは、強烈な苦みがあり、弘法大師が瀕死の重病人に飲ませたら起きあがったという伝説から命名され、別名を延命草ともいいます。

引起しの仲間には、黒花、亀葉、白山亀葉等の種類があります。

信楽の器に、これから咲く晒菜升麻(サラシナショウマ)や唐糸草(カライトソウ)等と一緒に活けると風情があります。

山野草が楽しめる宿 延楽

カテゴリー: 宇奈月の山野草 |

早朝ウォークで見つけた山野草【犬蓼(イヌタデ)】

inudate.jpg
宇奈月温泉の道端に咲く【犬蓼(イヌタデ)】

犬蓼(イヌタデ)は、宇奈月温泉の山道の淵や原野などに普通に見られるタデ科の多年草です。
花や蕾が赤飯のように見えるところから、別名赤マンマで親しまれています。

犬蓼のように、花の蕚と花冠との区別が形式的にない場合、両者を合わせて花被といいます。

「蓼食う虫も好き好き」の諺にある蓼は、黒部川の河原に見られる柳蓼のことで、葉に辛味があります。犬蓼と違います。
柳蓼の若葉は鮎釣りの帰りに摘み、鮎の塩焼きに欠かない蓼酢に使います。

それぞれの蓼の違いを観察するのも、面白いものです。

山野草が楽しめる宿 延楽

 

カテゴリー: 宇奈月の山野草 |

早朝ウォークで見つけた山野草【花蓼(ハナタデ)】

hanatade.jpg
宇奈月の原野一面に咲き誇る【花蓼(ハナタデ)】

花蓼(ハナタデ)は、宇奈月の林道沿いに多く見られるタデ科の一年草です。
タデ科の中では、桜蓼(サクラタデ)と共に花が最も可憐で美しい野草です。

茎は分岐が旺盛でその分花が多く付き、緑のシルクに桜色のビーズをちりばめたようです。

宇奈月の原野で秋風に花穂をゆらしながらひっそりと咲いている花蓼は、歩き疲れた体を癒してくれます。

普段見慣れている風景の中にも、自然の魅力が沢山隠されています。

山野草が楽しめる宿 延楽

カテゴリー: 宇奈月の山野草 |

早朝ウォークで見つけた山野草【亜米利加栴檀草(アメリカセンダングサ)】

amerikasendansou.jpg
宇奈月の野山に帰化した【亜米利加栴檀草(アメリカセンダングサ)】

亜米利加栴檀草(アメリカセンダングサ)は、北アメリカが原産で宇奈月の山野に帰化したキク科の1年草です。

宇奈月の林道沿いに繁茂し、毎年増えているように思えます。
種子は扁平で先端に棘がありこれに反しがついているので動物の毛や衣服に良くつきます。
これによって広く散布されます。
子供のころに花を衣服につけて遊んだ記憶があります。

和名は、葉が栴檀に似ているところからつけられたようです。

黒部川下流の堤防の則面にコセンダングサが見られます。
帰化植物が静かに増えています。

山野草が楽しめる宿 延楽

カテゴリー: 宇奈月の山野草 |

早朝ウォークで見つけた山野草【大蟹蝙蝠(オオカニコウモリ)】

kanikoumori.jpg
葉と花の形が面白い【大蟹蝙蝠(オオカニコウモリ】

大蟹蝙蝠(オオカニコウモリ)は、宇奈月の山地のやや湿り気のある落葉樹林下のほの暗い所に生えるキク科の多年草です。

茎は濃い紫色になり、稲妻形に屈折しているものが多く、花期は8月から10月で地味で目立たない花です。

花の形が面白く、茎頂にやや散房状に白色の細長い花頭をつけます。
コウモリソウの仲間で、葉の形が蟹の甲羅に似ているので蟹蝙蝠と呼ばれています。

大蟹蝙蝠は蟹蝙蝠より葉が大きくて厚味があり、長い葉柄を持って茎に互生しています。
蟹蝙蝠は花のつき方が下向きに対し、大蟹蝙蝠は上向きが多いようです。

山野草の名前は、葉の形で命名されるもが数多くあります。

山野草が楽しめる宿 延楽

カテゴリー: 宇奈月の山野草 |

早朝ウォークで見つけた山野草【髪剃菜(コウゾリナ)】

kouzorina.jpg
宇奈月の山野の道端に咲いている【髪剃菜(コウゾリナ)】

髪剃菜(コウゾリナ)は、宇奈月の山野の道端で見かけるキク科の越年草です。
僧ヶ岳登山道沿いの日当たりの良い斜面でよく見かけます。

花は、6月から10月にかけて比較的長い間見ることができ、枝の先に黄色の舌状花ばかりからなる頭花をつけます。
全体に粗毛に覆われて触るとざらつき、この硬い毛を髪剃りにたとえて名前が付けられたようです。

黄色の花は丹波徳利に良く合います。

山野草が楽しめる宿 延楽

カテゴリー: 宇奈月の山野草 |