月別アーカイブ: 10月 2008

宇奈月の山野草 山鳥兜

torikabuto.jpg
宇奈月の山野草:山鳥兜(やまとりかぶと)/キンポウゲ科

山鳥兜は9月から10月にかけて標高1000mぐらいの谷筋に群生します。今年は開花が遅れたため、時期外れの二番花となりました。花は鮮やかな青紫色なのでよく目立ちます。鳥兜とは,舞楽のとき舞手がかぶる兜ということで花の形がそれに似ているからです。
地下に紡錘形の塊茎があり、これに猛毒のアコニチンが多く含まれています。減毒加工をして漢方薬としても用いられます。鳥兜が咲いている付近には、白い見事な更級升麻が見られます。春先には二輪草の群生が見られます。
どうもこの谷には、毒性の強いキンポゲ科の植物が多いようです。充分お気をつけてください。

宇奈月の山野草が楽しめる宿

カテゴリー: 未分類 |

館主と行く早朝ウォークで見つけた、小さい秋

turibana.jpg 
宇奈月の山野草:吊花(つりばな)/ニシキギ科

館主と行く早朝ウォークは毎日行っており、道中でいろいろな秋を見つけることができます。
特に印象深いのは、吊り花の鮮やかな赤い実です。種を包み込む朔花は深紅の球形です。翼が無く、見事なまでに紅色に熟し五に裂けて朱色の種子が現れます。
花は5月の連休明けに大きな葉の下で、薄緑色で目立たなく咲きます。十数個の小花をまばらに下垂して咲くところから吊花と名付けられました。
11月には葉は真っ赤に紅葉します。ニシキギ科の仲間は読んで字のごとく紅葉が鮮やかです。
時たまけたたましく天を突くようなモズの鳴き声に驚かされます。
早朝の爽やかな空気を吸いながら、実りの秋の気配を五感で感じるのも旅の楽しみです。

館主と行く早朝ウォークが楽しめる宿

カテゴリー: 未分類 |