晩春の割鮮(向付色絵菖蒲絵)

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 晩春の割鮮(向付色絵菖蒲絵)
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed

雪解け水が勢いよく流れ込む晩春の富山湾。

割鮮は、新鮮な魚の造りのこと。

この時期の旬魚は、蛍烏賊、白海老、水蛸、細魚、のど黒、富山海老、バイ、柳ばちめ、平目、キジハタ、鯛など。

白身魚は延楽特製の刺身ダレ「煎酒」で食す。

合わせる酒は皇国晴酒造「大吟醸 幻の瀧」の冷や又は「純米吟醸 幻の瀧」の燗で。

季節の器は「向付色絵菖蒲絵」。

カテゴリー: 旬のお料理情報   パーマリンク