桃形向附・仁清色絵桃絵

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 桃形向附・仁清色絵桃絵
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed

3月10日から七十二侯は、桃始笑(もも、はじめてさく)。

桃の蕾はふくらみ花が咲き始める頃という意味。

二十四節気の啓蟄次侯にあたる。

宇奈月の里は、まだ寒さは残るが一雨毎に春が近づいてくるのが感じられる。

かつてこの地は、桃の木が沢山生えていたので桃原と呼ばれていた。

郷土史研究家の野島好二氏によると、奈良時代にこの地に神武天皇の御陵があると聞いて、当時の国司であった大伴家持がこの地を訪れたという言い伝えがあるとか。

季節の一品は、今が旬の才巻と春野菜の炊合せ。

器は桃形向附・仁清色絵桃絵。

カテゴリー: 今月のお献立, 旬のお料理情報   パーマリンク