カテゴリー別アーカイブ: 未分類

春を告げる「ほたるいか」

雪を頂いた立山連峰が美しく映える春の富山湾。

波打ち際が青白く幻想的に光り出すと、富山湾の春の風物詩「ホタルイカ漁」の始まりです。

ほたるいか料理の中でもお造りは絶品で、甘みがあり歯ざわりの良い食感は格別です。

地元漁師愛用の特別醸造のお醤油におろし生姜で召し上り下さい。

カテゴリー: 今月のお献立, 未分類 |

ずわい蟹洗い

透き通るような洗いの身。

ずわい蟹のお造りです。

とろけるような食感の中に濃い甘みが口いっぱいに広がります。

黒部の山々が薄く雪化粧をすると富山湾のずわい蟹漁が最盛期を迎えます。

婦人画報12月号に美食の湯宿で「活蟹会席」が紹介されました。

カテゴリー: 未分類 |

雅膳の向付け(染付山水皿)

雅の膳の向付けです。

今日の朝どれ旬魚のお造りは、鯵、栄螺(サザエ)、雉子海老、車鯛です。

本日の別皿は、地元で上がった本鮪です。

白身魚は延楽特製のいり酒(刺身ダレ)でお召し上がり下さい。

三浦竹泉造・染付山水皿を使いました。

カテゴリー: 未分類 |

延楽の料理の原点は吸い物

suimono_ainame.jpg
延楽の料理の原点・素材を生かした吸い物(箸休め)

吸い物は、その館の料理の味の原点なので、最も力の入る一品です。
吸い物の中心となるのが椀種です。命芽吹く春は、椀種が豊富に揃う季節です。魚であれば白魚、シロエビ、甘エビ、サヨリ、桜鯛、蛤、鮑、ズワイ蟹等々。そのバリエーションはどんどん広がります。
鮮やかな彩りで椀種を引き立たせてくれるのがつまです。
つまは出汁を濁さない素材で口当たりの良い物を選びます。
春は山菜の独活や三つ葉、わらびなどを使います。
春野菜では菜の花、人参、小松菜などを使います。
吸い物椀の蓋を開けると吸い口のいい香りがします。
春の吸い口として、柚子、木の芽、山葵、新生姜などを使います。
本日の「匠プラン」の吸い物は、椀種がアイナメでつまは、人参、独活を使い、吸い口は柚子です。
吸い物は、五感で旨みと季節感を味わうことができます。

料理が評判の宿 延楽

 

カテゴリー: 未分類 |

ホタルイカのソテー

hotarusote.jpg
黒部の春野菜を美しく盛り込んだホタルイカのソテー

ホタルイカの内蔵は独特の旨みがあります。
熱処理をすれば安全で、美味しく召し上がれます。
ホタルイカ料理は、生姜醤油で召し上がっていただくお造りや、山菜を添える酢味噌和え等が一般的ですが、今回はソテーにしてみました。
地元のアスパラやトマト等の春野菜を盛り込み、春の風物詩の白魚も添えました。
黒部の山々には未だ残雪が白く輝いています。木々の芽吹きはもうすぐそこまでやってきています。
黒部の春の走りをぜひ味わって下さい。

カテゴリー: 未分類 |

春を告げるホタルイカのお造り

hotarutukuri_01.jpg
独特の甘みのホタルイカ造り

富山湾に春を告げるホタルイカ漁が3月1日に解禁となりました。
今が旬のホタルイカのお造りです。
ゲソは素麺のように細いので竜宮素麺とよばれ、地元では珍重されます。春の走りを味わって下さい。

せせらぎプランの場合は、追加料理となります。
1人前@1260円(税サ込み)
3月10日から5月20日まで。

カテゴリー: 未分類 |