s-IMG_9819

玄関

玄関をくぐると、川合玉堂先生揮毫の「延楽」の額が目に入ります。