草木萌動(そうもく、めばえいずる)

hotaruika
<ホタルイカお造り>

3月1日から七十二侯は「草木萌動(そうもく、めばえいずる)」で二十四節気の「雨水」の末侯にあたる。

柔らかな春の陽射しを受け、潤った土や木々から萌葱色の新芽が芽吹く頃という意味で、春めいてくると富山湾のホタルイカの産卵が始まる。

昼は深い海底に潜み、深夜から明け方にかけて浅いところへと移動して産卵。

その習性をとらえて行われるのが、富山湾の春の風物詩「ホタルイカ漁」、3月1日より解禁となる。

ホタルイカ独特の青白い光は幻想的で、まさに富山湾の神秘。

ほのかな甘みのお造りは絶品で、地酒とよく合う。

器は、仁清色絵水仙絵・五寸皿。

カテゴリー: 黒部観光 |

霞始靆(かすみ、はじめてたなびく)

hakuba05
<後立山連峰(白馬岳、旭岳、清水岳)>

2月24日から七十二侯は「霞始靆(かすみ、はじめてたなびく)」で二十四節気「雨水」の次侯にあたる。

春霞が立ちこめて野山がぼんやりとかすんで見える頃と言う意味。

霞は気象用語で靄(もや)のことで、よく春の女神の衣に見立てられる。

霧はそれぞれ情景により朝霧、夕霧、薄霧、八重霧などと美しく表現される。

朧月夜に詠われる夜の霧は「朧(おぼろ)」として使い分けられる。

春霞は偏西風に乗って大陸から飛来する黄砂によるもので、これから多く見られる現象である。

雪を纏った後立山連峰(白馬連山)が春霞で美しく豊かな表情を見せる頃でもある。

宇奈月温泉周辺の山々は雪が所々消え残っている「斑雪(はだれ)」の情景。

いよいよ「土恋し」、大地の息使いが感じられる頃となる。

カテゴリー: 黒部観光 |

土脉潤起(つちのしょう うるおいをおこる)

kawara
<黒部川・川原>

2月19日から二十四節気は「雨水」。

空から降る冷たい雪が雨に変わり、宇奈月の里に積もった雪がゆっくりと溶け始める頃となる。

この時期に吹く強い南風が春一番。

積雪の多い今年は遅れそうだ。

七十二侯は「土脉潤起(つちのしょう、うるおいをおこる)」二十四節気「雨水」の初侯にあたる。

凍てついた大地が潤いをとり戻す頃と言う意味で、昔から農耕の準備を始める目安とされた。

朝の日差しを受けた黒部川の川原では、木々の芽吹きが進み、それを狙って野猿たちがやってくる。

山でも春の気配が感じられるようになり、急峻な山の斜面ではあちらこちらで雪崩が起き、山肌を削りながら、黒部の流れ近くまで大量の雪を運ぶ。

「雨水」の晴れ間、カモシカ観察に宇奈月スノーパークへ出かけよう。

カモシカは冬眠しないので雪上を移動する様子を容易に見つけることができる。

週末の宇奈月の夜は雪上花火大会。

4月14日までの毎週土曜日に大輪が打ち上げられる。

カテゴリー: 黒部観光 |

魚上氷(うお こおりをいずる)

kyoukoku_huyu03
<黒部川・冬景色>

2月14日から七十二侯は「魚上氷(うお こおりをいずる)」で二十四節気「立春」の末侯にあたる。

春の兆しを感じて魚が動き始め、割れた氷の間から飛び出す頃という意味。

黒部峡谷は、連日の雪で白銀の世界。

例年より気温は低くいが、冬でも凍らない渓流は春めいているのかもしれない。

暮れに孵化したヤマメ(桜鱒)の稚魚たちも浅瀬の岩陰に潜んでいる。

寒気がゆるむと直ぐに春めいてくる黒部峡谷。

宇奈月温泉にとってはヤマメが春告魚かもしれない。

延楽の客室から望む黒部川は、3月1日に渓流釣りの解禁を迎える。

カテゴリー: 黒部観光 |

黄鶯睍睆(こうおう、けんかんす)(うぐいす、なく)

kotoneyu01
<雪見露天風呂・琴音の湯>

2月9日から七十二侯は「黄鶯睍睆(こうおう、けんかんす)(うぐいす、なく)」で二十四節気「立春」の次侯にあたる。

山里に春を告げる鶯が鳴く頃と言う意味。

睍睆とは声の美しい様子を表す畳韻の擬態語。

畳韻とは韻が同じ漢字2文字を重ねることとある。

昨年は、この時期に富山気象台は梅の開花宣言を発表した。

今年は立春を迎えてから豪雪で寒い日が続く。

天気のことわざ辞典に「節分に雪が降れば48日荒れる」という。

節分は、年の変わる節に当たる特別な日なので、この日の天候からその年の天候を占うことわざがあるようだ。

他にも「立春に雪が降れば30日雪が続く」とある。

今年は節分も立春も雪が降り、その後も降り続いた。

今年は2月いっぱいは、いくらか寒い日が続くのかもしれない。

幸い日は長く、日差しも明るくなり確実に春に近づいている。

宇奈月の里で初音を聞けるのも間近だ。

カテゴリー: 黒部観光 |

東風解氷(はるかぜ、こおりをとく)

setubun

節分の翌日に迎える立春は、冬から春に移る時期。

旧暦では1年の始まりとされ二十四節気の始まりでもある。

あらゆる節日の基準日となる。

二百十日は、おわら風の盆の歌の中にも出てくるので、馴染み深い。

立春から数えると9月1日になる。

八十八夜も同様で暦に記して農作業の目安とした。

七十二侯の始まりは、「東風解氷(はるかぜ、こおりをとく)」で立春の初侯。

東風は春風のことで、東から温かい風が吹き、張り詰めていた氷を解かし始める頃という意味。

日足が伸びこの頃から木々も次第に芽吹き始める。

春の兆しが少しずつ現れ始める時節である。

立春の早朝、禅寺では立春大吉と書いた紙札を貼る。

厄除けの意味がある。

延楽では節分と立春に特別な七寸皿を使う。

「鬼は外、福は内のごとく」鬼の顔は皿の外側に描かれ、福は内側に描かれている。

こういう遊び心に福来たる。

カテゴリー: 黒部観光 |

鶏始乳(にわとり、はじめてとやにつく)

burisyabu
<鰤しゃぶ>

1月30日から七十二侯は「鶏始乳(にわとり、はじめてとやにつく)」で二十四節季「大寒」の末侯。

鶏が春の気を感じ、卵を産み始める頃という意味。

厳しい寒さは続くが、太陽は少しずつ力強さを増してくる。

生き物たちは、敏感に春の気配を感じ目覚めの準備を進めている。

三寒四温を繰り返しながら季節は春に向かっている。

富山湾では寒鰤の水揚げが続いている。

鰤は、春に九州近海や東シナ海で生まれ、日本海を北上し北海道あたりまで行き冬に南下する。

富山湾には、餌の鰯を追いかけて入ってくる。

富山湾にさしかかる頃、適度に身が締まり脂も乗り旨さを増す。

富山湾には数キロにわたり大掛かりな定置網が、何張りも仕掛けられている。

寒鰤漁法である。

全身が霜降り肉と言ってもいいくらい脂が乗り富山湾の王者と称するに相応しい。

刺身はもちろんのこと、鰤しゃぶ、塩焼き、鰤大根、かぶら寿しとどれをとっても旨い。

カテゴリー: 黒部観光 |

水沢腹堅(さわみず、こおりつめる)

sawa_kori

1月25日から七十二侯は、「水沢腹堅(さわみず、こおりつめる)」で二十四節気、大寒の次侯。

沢に氷が厚く張りつめるほど寒い頃と言う意味。

水はいよいよ冷たさを増し、1年の内で最も寒い時期。

この頃は強い寒気が入りやすく、記録的な大雪や最低気温をもたらす。

県内の交通機関にもダメージを与える。

北陸新幹線は、多少の時間の遅れはあるが、降雪をもろともせず力強く高速で黒部川扇状地を駆け抜ける。

驚くほど雪に強い新幹線である。

寒の内に汲んだ水は「寒の水」と呼ばれ雑菌が少ないので腐りにくい。

故に酒や醤油などの発酵食品は寒の内に仕込む。

寒稽古も寒の内ならではの行事である。

立春が待ち遠しい。

カテゴリー: 黒部観光 |

款冬華(ふきのはな、さく)

kaniyukuri

1月20日から二十四節気は「大寒」に入る。

寒さは一段と厳しくなるが、冬至を過ぎてから太陽の光は少しずつ力強さを増してくる。

これからは三寒四温を繰り返しながら季節は春に向かっている。

七十二侯は「款冬華(ふきのはな、さく)」で二十四節気「大寒」の初侯。

款冬(カントウ)とは蕗のことで、雪に覆われた宇奈月の山路では蕗の薹が顔を出す準備をしている頃という意味。

節分までは寒の内で、雪の日が続く。

富山湾では雌の香箱蟹が資源保護のため1月20日から禁漁となる。

昨年の解禁から多くの食通が香箱蟹を求めて宇奈月の地に訪れた。

富山湾ではズワイガニ(津和井蟹)、紅ズワイガニ、毛蟹が捕れる。

浅瀬から深海に至るまで多種多様な魚が生息する富山湾。

大寒に入り津和井蟹の味が益々冴える。

早朝の市場には、活けズワイガニがずらりと並ぶ。

その中からしっかりと身の詰まった大物だけが厳選される。

延楽の蟹料理の焼き蟹は、調理長が目の前で焼いてくれる。

氷水で締める造りも捨てがたい。

合わせる酒は、純米吟醸「勝駒」がおすすめだ。

カテゴリー: 黒部観光 |

雉始雊(きじ、はじめてなく)

yamabiko03
<温泉街の街路灯>

1月15日から七十二侯は、「雉始雊(きじ、はじめてなく)」で二十四節気・小寒の末侯。

雉子の求愛が始まる頃という意味。

宇奈月の里は、まだまだ雪の日が続くが、下流域の黒部川扇状地では野鳥の鳴き声が聞こえ始める。

新雪に彩られた温泉街を散策すると思わぬ造形美が目に入る。

その一つが街路灯の装飾デザインで、山彦鉄橋を渡るトロッコ電車がモチーフとなっている。

山彦鉄橋は宇奈月温泉街に最も近い橋で、列車の音が温泉街に響くことからこの名が付いた。

今日は、眩しい小寒の晴れ間。

太陽が少しずつ復活し、日が長くなってきた。

カテゴリー: 黒部観光 |