霎時施(こさめ、ときどきふる)

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 霎時施(こさめ、ときどきふる)
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed

damuko00
<静寂な宇奈月湖>

10月28日から七十二侯は「霎時施(こさめ ときどきふる)」で、二十四節気「霜降」の次侯にあたる。

一雨毎に気温が下がり、冬が近づく頃という意味。

霎(こさめ)は小雨ではなく通り雨で、時雨(しぐれ)のこと。

奥黒部の山々は初冠雪を戴き白く輝いている。

秋の初時雨は、冬支度を始める合図で黒部川の支流ではサクラマスの産卵が始まる。

黒部峡谷鉄道の最終駅の欅平は、標高600mで今が紅葉真っ盛り。

宇奈月温泉周辺は11月7日ごろが紅葉のピークを迎える。

宇奈月湖は静まり返り、水鳥たちの楽園となっている。

カテゴリー: 黒部観光   パーマリンク