鴻雁来(こうがん きたる)

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 鴻雁来(こうがん きたる)
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed

kumokiri01
<透明度を増す黒部川>

10月8日から二十四節気は「寒露」となる。

夜空に輝く星が冴える頃、秋が徐々に深まり夜は肌寒く朝夕の露が一層冷たく感じられるようになる。

七十二侯は「鴻雁来(こうがん、きたる)」で、雁が北から渡ってくる頃という意味。

これに対して半年前の七十二侯は「鴻雁北(こうがん、かえる)」で雁が北に帰っていく頃で、今年は4月10日だった。

黒部の川は、流れる水の透明度を増しながらサケの遡上を待っている。

川沿いに設けられたやまびこ遊歩道の足元には、冷たい露に覆われた野菊が咲き誇っている。

紫式部の小さな実も赤紫色に染め始める頃である。

七十二侯は豊かな感性が育んだ日本の暦である。

いよいよ山装う季節の到来である。

カテゴリー: 黒部観光   パーマリンク