玄鳥去(つばめ さる)

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 玄鳥去(つばめ さる)
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed

m_ongakusai

9月18日から七十二侯は「玄鳥去(つばめ、さる)」で二十四節気「白露」の末侯にあたる。

春に日本にやってきた燕が暖かい南の国へ帰る頃という意味。

20日は秋彼岸の入り。

暑さ寒さは彼岸までの言葉通り燕の渡りが始まる。

燕がやってくるのは七十二侯の「玄鳥至(つばめ、きたる)」で、二十四節気「清明」の初侯にあたり、今年は4月5日だった。

宇奈月温泉で飛び交う燕は岩燕で尾羽が短くやや小型。

燕が去る頃は早朝ウォーキングの服装も長そでシャツとウインドーブレーカが必要となる。

今年のモーツアルト音楽祭は9月15日から17日までの3日間行われた。

日中の雨の影響で昨年より200名少ないが5500名の鑑賞客で山間の温泉街がにぎわった。

カテゴリー: 黒部観光   パーマリンク