天地始粛(てんち はじめてさむし)

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 天地始粛(てんち  はじめてさむし)
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed

owara01
<東新町の街流し>

8月28日から七十二侯は「天地始粛(てんち、はじめてさむし)」で、二十四節気「処暑」の次侯にあたる。

粛には鎮まる、弱まる、縮むという意味あり、ようやく暑さが鎮まる頃という意味。

立春から数えて二百十日は、9月1日にあたり台風が多い時期と重なる。

実った稲穂を強風から守るために、風を鎮める祈りの踊りが行われる。

越中八尾の「おわら風の盆」で、9月1日から9月3日までの三日三晩、哀愁を帯びた鼓弓の音色に乗って街流しが行われる。

踊りは、農作業の所作を表し、上新町では町内の通りを使って大輪踊りが行われる。

地元の踊り子の後ろについて踊りを学のも、おわらの楽しみ方の一つでもある。

カテゴリー: 黒部観光   パーマリンク