寒蝉鳴(ひぐらし なく)

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 寒蝉鳴(ひぐらし なく)
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed

kuroteru01
<河鹿鳴く黒部川>

8月13日から七十二侯は「寒蝉鳴(ひぐらし、なく)」で二十四節気「立秋」の次侯にあたる。

寒蝉(かんぜみ、かんせん)とは、立秋に鳴く蝉で、蜩(ひぐらし)のことで、蜩が鳴く頃という意味。

今年は猛暑が続いているので寒蝉の声が未だ聞けない。

朝は涼しげな川風に乗って、河鹿の鳴き声が夏の余韻を未だ残す。

かつて西条八十先生がこの時期、延楽逗留中に詠んだ作品がある。

黒べよいとこ 八千八谷
 雪をあつめて お湯が湧く

可愛いお方と 黒部の谷は
 深くなるほど 好きが増す
 
名残り惜しんで 宇奈月出れば
 すすり泣くよな 瀬の河鹿

お山登りか 宇奈月通る
 リュックサックに 百合の花

この詩に中山晋平先生が曲をつけられたのが黒部音頭である。

立秋に入ってからは雲の形が秋雲に変わる。

終わり行く夏を惜しむかのように夕暮れ時に「カナカナカナ」と鳴く寒蝉の声が聞けるのも間近だ。

カテゴリー: 黒部観光   パーマリンク