梅子黄(うめのみ、きばむ)

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 梅子黄(うめのみ、きばむ)
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed

irizake00

6月16日から七十二侯は「梅子黄(うめのみ、きばむ)」で二十四節気「芒種」の末侯にあたる。

梅の実が熟して黄ばむ頃という意味。

梅が黄ばんでくると梅干を作るための収穫となる。

いよいよ梅雨本番。

延楽の刺身ダレの一つに「煎り酒」がある。

梅干しの塩梅と特製出汁を併せてつくる。

地元の富山湾で獲れる真鯛、平目、のど黒、細魚(サヨリ)、太刀魚などの白身魚の刺身に合う。

本山葵を少々付けて食すと、白身魚の繊細な味わいが口に中に広がる。

醤油が登場する以前に刺身ダレとして使われた。

地酒との相性も良い。

延楽自家製「煎り酒」は、売店の人気商品で、刺身以外にもドレッシングや鍋物等にも幅広く使える。

延楽の秘伝の味でもある。

カテゴリー: 黒部観光   パーマリンク