螳螂生(かまきり、しょうず)

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 螳螂生(かまきり、しょうず)
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed

hotarubukuro01
<可憐に咲く蛍袋・虫が雨宿りに使う>

6月6日から二十四節気は「芒種」。

芒(ボウ)とは、稲や麦などのイネ科の小穂を構成する頴(えい)の先端にある針状の突起のこと。

芒種とは、芒を持つ植物の種を蒔く時期と言う意味。

七十二侯は「螳螂生(かまきり、しょうず)」で二十四節気「芒種」の初侯にあたる。

昨年の秋に草の茎や小枝に生み付けられた螳螂の卵囊が、孵化して幼虫になる頃という意味。

この頃から梅の実が黄色く熟してくる。

いよいよ梅雨入りで、中国地方では昨日から入梅。

宇奈月の山路には山紫陽花が色付き始める。

日本海側特有の蝦夷系の種類が多い。

装飾花は未だ色が薄いが、これから一雨毎に濃くなり艶やかになる。

周りには岩絡、鳥足升麻、山路虎の尾、蛍袋、矢車草等々が白色の彩りを呈してくれる。

初夏の野山の散策の楽しみでもある。

カテゴリー: 黒部観光   パーマリンク