蚯蚓出(みみず、いずる)

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 蚯蚓出(みみず、いずる)
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed

atobiki01
<黒部峡谷鉄道・後曳橋>

5月11日から七十二侯は、「蚯蚓出(みみず、いずる)」で二十四節気「立夏」の次侯にあたる。

夏に向かうと土の中から蚯蚓(ミミズ)が這い出してくる頃と言う意味。

立夏ともなると爽やかな風と新緑の季節本番。

春の陽射しは少しずつ力を増し、萌葱色の草木も日一日と色が濃くなってくる。

宇奈月温泉の源泉は、宇奈月から上流7kmの黒薙温泉。

黒部川の最大支流である黒薙川が流れ、その河原から温泉が噴出している。

河原には、大きな岩石を配した大露天風呂がある。

雪解けで増水した黒薙川の急流は激しく岩にぶつかり、その轟音が狭い谷間に響き渡る。

黒部峡谷鉄道のトロッコ電車が渡る鉄橋で、最も深い峡谷にかかっているのは後曳鉄橋。

黒薙付近の雪を纏った山々と黒部峡谷の新緑が最も美しい頃である。

カテゴリー: 黒部観光   パーマリンク