葭始生(あし、はじめてしょうず)

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 葭始生(あし、はじめてしょうず)
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed

torokko13
<木々の芽吹きも始まったばかりの新山彦鉄橋>

4月20日から二十四節気は穀雨に入る。

春雨が百穀を潤す事から名付けられ、種まきや田植えの準備の目安となる。

変わりやすい春の天気もこの頃から安定し日差しも強まってくる。

七十二侯は「葭始生(あし、はじめてしょうず)」で「穀雨」の初侯にあたる。

水辺の葭が芽吹き始める頃という意味。

春の雨は花が咲くことうながす雨という言う意味で「催花雨」と言われることもある。

冬期間運休していた黒部峡谷鉄道は、4月20日、宇奈月・笹平(7km)で今期の営業運転を始めた。

5月1日から鐘釣(14.3km)まで、5月5日から終点の欅平(20.1km)までの全線開通となる。

これから日一日と、雪を纏った黒部の山々と新緑が美しくなる良い季節である。

カテゴリー: 黒部観光   パーマリンク