玄鳥至(つばめ、きたる)

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 玄鳥至(つばめ、きたる)
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed

kibusi
<出葉前に開花する木五倍子(キブシ)>

4月5日から二十四節気は「清明」に入る。

清明とは「清浄明潔」の略で「万物発して清浄明潔なればこの芽は何れの草としれる也」と江戸時代に出版された暦の解説書である「暦便覧」に記述されている。

まさに万物がすがすがしく明るく輝くころである。

七十二侯は「玄鳥至(つばめ、きたる)」で二十四節気「清明」の初侯。

燕が南の国から海を渡ってやって来る頃と言う意味。

まもなく宇奈月では岩燕の飛行が見られる。

岩燕は小型の燕で尾羽の切り込みが浅く、日本には繁殖のために飛来して、温泉街から山地にかけて集団で営巣する。

雪が解け始めた山路では、萌木が輝いて春を謳歌している。

「延楽・早朝ウォーク」は春の盛りを五感で感じさせてくれる。

カテゴリー: 黒部観光   パーマリンク