雀始巣(すずめ、はじめてすくう)

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 雀始巣(すずめ、はじめてすくう)
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed

nekoyanagi

3月21日から二十四節気は春分。

太陽が真東から昇り真西に沈み、太陽が春分点を通る日で、昼と夜の長さが同じになることから二十四節気では大きな節目の日とされる。

この日を中日に、前後3日間を含めた7日間が春の彼岸で先祖の供養をする。

この時期は西方の極楽浄土に最も近づける頃だと信じられていた。

春分の日は国民の祝日でもある。

祝日法第2条では「自然をたたえ、生物をいつくしむ」ことを趣旨としてこの日を祝日と定める。

七十二侯は「雀始巣(すずめ、はじめてすくう)」で二十四節気「春分」の初侯でもある。

すずめが巣作りを始める頃という意味。

この日を境に、日脚が少しずつ長くなる。

残雪が残る山道では、低木の芽がふくらみ始める。

春の光によって自然の表情が豊かさを増す頃となる。

カテゴリー: 黒部観光   パーマリンク