霞始靆(かすみ、はじめてたなびく)

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 霞始靆(かすみ、はじめてたなびく)
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed

hakuba05
<後立山連峰(白馬岳、旭岳、清水岳)>

2月24日から七十二侯は「霞始靆(かすみ、はじめてたなびく)」で二十四節気「雨水」の次侯にあたる。

春霞が立ちこめて野山がぼんやりとかすんで見える頃と言う意味。

霞は気象用語で靄(もや)のことで、よく春の女神の衣に見立てられる。

霧はそれぞれ情景により朝霧、夕霧、薄霧、八重霧などと美しく表現される。

朧月夜に詠われる夜の霧は「朧(おぼろ)」として使い分けられる。

春霞は偏西風に乗って大陸から飛来する黄砂によるもので、これから多く見られる現象である。

雪を纏った後立山連峰(白馬連山)が春霞で美しく豊かな表情を見せる頃でもある。

宇奈月温泉周辺の山々は雪が所々消え残っている「斑雪(はだれ)」の情景。

いよいよ「土恋し」、大地の息使いが感じられる頃となる。

カテゴリー: 黒部観光   パーマリンク