土脉潤起(つちのしょう うるおいをおこる)

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 土脉潤起(つちのしょう うるおいをおこる)
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed

kawara
<黒部川・川原>

2月19日から二十四節気は「雨水」。

空から降る冷たい雪が雨に変わり、宇奈月の里に積もった雪がゆっくりと溶け始める頃となる。

この時期に吹く強い南風が春一番。

積雪の多い今年は遅れそうだ。

七十二侯は「土脉潤起(つちのしょう、うるおいをおこる)」二十四節気「雨水」の初侯にあたる。

凍てついた大地が潤いをとり戻す頃と言う意味で、昔から農耕の準備を始める目安とされた。

朝の日差しを受けた黒部川の川原では、木々の芽吹きが進み、それを狙って野猿たちがやってくる。

山でも春の気配が感じられるようになり、急峻な山の斜面ではあちらこちらで雪崩が起き、山肌を削りながら、黒部の流れ近くまで大量の雪を運ぶ。

「雨水」の晴れ間、カモシカ観察に宇奈月スノーパークへ出かけよう。

カモシカは冬眠しないので雪上を移動する様子を容易に見つけることができる。

週末の宇奈月の夜は雪上花火大会。

4月14日までの毎週土曜日に大輪が打ち上げられる。

カテゴリー: 黒部観光   パーマリンク