魚上氷(うお こおりをいずる)

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 魚上氷(うお こおりをいずる)
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed

kyoukoku_huyu03
<黒部川・冬景色>

2月14日から七十二侯は「魚上氷(うお こおりをいずる)」で二十四節気「立春」の末侯にあたる。

春の兆しを感じて魚が動き始め、割れた氷の間から飛び出す頃という意味。

黒部峡谷は、連日の雪で白銀の世界。

例年より気温は低くいが、冬でも凍らない渓流は春めいているのかもしれない。

暮れに孵化したヤマメ(桜鱒)の稚魚たちも浅瀬の岩陰に潜んでいる。

寒気がゆるむと直ぐに春めいてくる黒部峡谷。

宇奈月温泉にとってはヤマメが春告魚かもしれない。

延楽の客室から望む黒部川は、3月1日に渓流釣りの解禁を迎える。

カテゴリー: 黒部観光   パーマリンク