款冬華(ふきのはな、さく)

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 款冬華(ふきのはな、さく)
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed

kaniyukuri

1月20日から二十四節気は「大寒」に入る。

寒さは一段と厳しくなるが、冬至を過ぎてから太陽の光は少しずつ力強さを増してくる。

これからは三寒四温を繰り返しながら季節は春に向かっている。

七十二侯は「款冬華(ふきのはな、さく)」で二十四節気「大寒」の初侯。

款冬(カントウ)とは蕗のことで、雪に覆われた宇奈月の山路では蕗の薹が顔を出す準備をしている頃という意味。

節分までは寒の内で、雪の日が続く。

富山湾では雌の香箱蟹が資源保護のため1月20日から禁漁となる。

昨年の解禁から多くの食通が香箱蟹を求めて宇奈月の地に訪れた。

富山湾ではズワイガニ(津和井蟹)、紅ズワイガニ、毛蟹が捕れる。

浅瀬から深海に至るまで多種多様な魚が生息する富山湾。

大寒に入り津和井蟹の味が益々冴える。

早朝の市場には、活けズワイガニがずらりと並ぶ。

その中からしっかりと身の詰まった大物だけが厳選される。

延楽の蟹料理の焼き蟹は、調理長が目の前で焼いてくれる。

氷水で締める造りも捨てがたい。

合わせる酒は、純米吟醸「勝駒」がおすすめだ。

カテゴリー: 黒部観光   パーマリンク