鱖魚群(さけのうお、むらがる)

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 鱖魚群(さけのうお、むらがる)
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed

kyoukoku_huyu01
<延楽・客室からの眺め>

12月17日から七十二侯は「鱖魚群(さけのうお、むらがる)」で二十四節気の大雪の末侯にあたる。

鮭が産卵のため自分の生まれた川に遡上する頃という意味。

宇奈月温泉を流れる黒部川では鮭の遡上は11月で終わる。

黒部川には堰堤やダムが幾つもある。

海から最も近い堰堤は、黒部川扇状地の扇頂部にあたる愛本。

黒部川下流域の最も狭い地点で、江戸時代に刎橋が懸けられていた所でもある。

愛本堰堤は昭和44年の水害で流失し、同48年に築造される。

黒部川は、急流河川で流出土砂も多いので堰堤の破損箇所も多い。

魚が通る魚道も同様で、現在は機能していない。

故に鮭は愛本堰堤より上流には上れないので、宇奈月温泉の周辺では見ることができない。

ところが桜鱒だけは違う。

それは遡上する時期が春だからである。

雪解けが進んだ黒部の流れは、急流となって川幅一杯に流れるので堰堤を乗り越える事ができるのだ。

宇奈月周辺まで遡上してきた桜鱒は、落下昆虫や水生昆虫などを捕食し、夏の期間は深い淵に潜む。

山の木々が色づく10月下旬から11月中旬にかけて黒部川の支流で産卵する。

孵化した稚魚は降海型と河川残留型に分かれる。

降海型は、桜鱒(サクラマス)となり、河川残留型は山女魚(ヤマメ)となる。

フライが楽しめる黒部川は2月の末まで禁漁となり、ゆっくりと稚魚を育む。

カテゴリー: 黒部観光   パーマリンク