熊蟄穴(くま、あなにこもる)

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 熊蟄穴(くま、あなにこもる)
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed

kotoneyu1501
<雪見露天風呂・琴音の湯(岩風呂)>

12月12日から七十二侯は「熊蟄穴(くま、あなにこもる)」で二十四節気の「大雪」の次侯にあたる。

熊が厳しい冬を乗り越えるために穴にこもる頃という意味。

この時季になるとシベリアから寒気が日本海側まで張り出して北陸に大雪をもたらす。

従来の東京方面からの在来線特急は、大雪とそれに伴う強風でたびたび運休した。

開業3年目を迎える北陸新幹線は、日本でも有数の豪雪地帯を走る。

開業以来、大雪でも正常運転を続ける。

驚くほど雪に強い新幹線である。

新潟県側の長いトンネルを抜けると左手に白銀の北アルプス、右手に能登半島と富山湾が美しく映える。

もうすぐ黒部宇奈月温泉駅。

東京駅から2時間余り、本当に早くなった。

湯量豊富な宇奈月温泉は、アルカリ性単純泉で肌に優しい美肌湯である。

露天風呂に浸かりながら乱舞する雪を見るのもよし、津和井蟹と寒鰤で地酒を味わうのもよし、スノーシュで山を巡るのもよし。

山あいのいで湯ならではの過ごし方でもある。

カテゴリー: 黒部観光   パーマリンク