橘始黄(たちばな、はじめてきばむ)

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 橘始黄(たちばな、はじめてきばむ)
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed

kouyou_yuki

12月2日から七十二侯は「橘始黄(たちばな、はじめてきばむ)」で二十四節気「小雪」の末侯にあたる。

師走に入り七十二侯も「小寒」の初侯「芹乃栄」から数えて第六十侯。

橘が黄金に輝く実をつける頃という意味。

橘とは蜜柑や柚子などの食用になる柑橘類の総称でもある。

古事記や日本書紀にも登場し、万葉集にも多く詠われている。

京都御所や平安神宮では「左近の桜」に対して右側に植えられているのが「右近の橘」。

今日は冬型の気圧配置が緩み朝から快晴。

黒部の山々は美しい銀嶺に変わり光り輝いている。

山あいの宇奈月は玉露色を呈した黒部の流れと色濃い紅葉が心に残る。

夜半からの雪で名残の紅葉に雪化粧。

まさに初冬の紅葉である。

氷見漁港をはじめとする県内各地の漁港では連日、鰤の豊漁が続く。

昨年よりも9日遅れての寒鰤宣言。

宇奈月温泉は待望の雪見露天風呂と寒鰤、津和井蟹が味わえる食の季節に入った。

これから寒鰤が旨い季節になる。

カテゴリー: 黒部観光   パーマリンク