地始凍(ち、はじめてこおる)

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 地始凍(ち、はじめてこおる)
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed

kurobe_aki
<黒部峡谷の紅葉>

11月12日から七十二侯は「地始凍(ち、はじめてこおる)」で二十四節気の立冬の次侯にあたる。

陽気が弱まって日ごとに冷え込みが増し、大地が凍り始める頃という意味。

宇奈月の里では霜や霜柱は未だ少し早いが、冷たい時雨が降ったりやんだりを繰り返し、ひと雨毎に冬へと近づいていく。

黒部峡谷に分け入ると、まだまだ紅葉に出会える。

色濃い黄金色と深紅の照り葉だけが残り、天からの光に照らされて美しく輝く。

山路で様々な形の落ち葉を拾い集めるのも黒部の楽しみ方の一つだ。

慣れてくると葉を見ただけで樹木がわかる。

そこまでくると黒部の名ガイドといえる。

カテゴリー: 黒部観光   パーマリンク