鴻雁来(こうがん、きたる)

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 鴻雁来(こうがん、きたる)
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed

sisimai03
<宇奈月の獅子舞>

10月8日から二十四節気は寒露となる。

夜空に輝く月や星が冴える頃、秋が徐々に深まり夜は肌寒く、朝夕の露が一層冷たく感じられるようになる。

七十二侯は「鴻雁来(こうがん、きたる)」で、雁が北から渡ってくる頃という意味。

これに対して半年前の七十二侯は「鴻雁北(こうがん、かえる)」で雁が北に帰っていく頃で、今年は4月10日だった。

七十二侯は、豊かな感性が育んだ日本の暦である.

この時季、宇奈月温泉街では太鼓の響きに伴って、横笛の調べが伝わってくる。

秋祭りに奉納される獅子舞のお囃子で、10月の第一土曜日に行われる。

祭りが終わると黒部の野山は、秋色に染まり山装う季節の到来である。

カテゴリー: 黒部観光   パーマリンク