玄鳥去(つばめ、さる)

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 玄鳥去(つばめ、さる)
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed

mozart00
<延楽ギャラリーでの演奏>

9月18日から22日まで七十二侯は「玄鳥去(つばめ、さる)」で二十四節気の白露の末侯にあたる。

玄鳥とはツバメの総称。

春に日本にやってきた燕が暖かい南の国へ帰る頃という意味。

20日は秋彼岸の入り。

暑さ寒さは彼岸までの言葉通り燕の渡りが始まる。

燕がやってくるのは七十二侯の「玄鳥至(つばめ、きたる)」で二十四節気の清明の初侯で、今年は4月4日だった。

宇奈月温泉で飛び交う燕は岩燕で尾羽が短くやや小型。

燕が去る頃、温泉街では宇奈月モーツアルト音楽祭が行われる。

今年は9月16日から18日まで開催。

山に囲まれた温泉街の各所からモーツアルトの調べが耳に届く。

豊かな自然に恵まれた出湯ならではの情緒である。

音楽祭が終わると秋の深まりを感じつつ月影がさやかな季節を迎える。

カテゴリー: 黒部観光   パーマリンク