草露白(くさのつゆ、しろし)

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 草露白(くさのつゆ、しろし)
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed

akigiri00
<白露に濡れた秋桐>

9月7日から二十四節気は白露となる。

朝晩の気温差が大きくなると露が降りるようになる。

暦便覧には「陰気ようやく重なり露凝って白し」と。

夏の気配を残しつつも朝夕は涼しくなり草花に朝露がつくようになるという意味。

七十二侯は「草露白(くさのつゆ、しろし)」で白露の初侯。

草に降りた露が白く光って見える頃という意味。

早朝、宇奈月僧ヶ岳の登山道を行くと草露に足下が濡れる。

行き会いの空は、季節の移ろいを伝える。

白露に濡れた秋桐が心に残る。

秋桐は、シソ科の多年草で桐の花に似ているところから名付けられた。

カテゴリー: 宇奈月の山野草, 黒部観光   パーマリンク