禾乃登(こくのもの、すなわちみのる)

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 禾乃登(こくのもの、すなわちみのる)
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed

owara

9月2日から七十二侯は「禾乃登(こくのもの、すなわちみのる)」で二十四節気の処暑の末侯にあたる。

禾の文字は粟や稲の穂を形取り、豊かな実りを象徴する。

稲穂が膨らんで黄金色になる頃という意味。

「おわら風の盆」は、五穀豊穣を願いつつ9月3日で静かに幕を閉じる。

3日間で26万人のお客様が坂の町を訪れる。

深みのある叙情性が訪れる人々の心を打つ。

新作おわらの代表作は小杉放庵が詠んだ「八尾四季」。

ゆらぐつり橋手に手をとりて
 渡る井田川 オワラ 春の風

富山あたりかあの灯火は
 飛んでゆきたや オワラ 灯とり虫

八尾坂道わかれてくれば
露か時雨か オワラ はらはらと

若しや来るかと窓押しあけて
 見れば立山 オワラ 雪ばかり

昭和3年に川崎順二に招かれて詠った。

八尾の往路には必ずといっていいほど延楽で長逗留され黒部の景勝を詠う。

延楽創業者の竹次郎と馬があったようだ。

宿には小杉放庵の足跡が数多く残っている。

カテゴリー: 黒部観光   パーマリンク