綿柎開(わたのはなしべ、ひらく)

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 綿柎開(わたのはなしべ、ひらく)
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed

akiakane00

8月23日から二十四節気の処暑となる。

処とは止まる、留まるという意味で、処暑を迎えると夏の暑さが収まるとされる。

七十二侯は「綿柎開(わたのはなしべ、ひらく)」で処暑の初侯にあたる。

綿を包む柎(はなしべ)が開き、中から綿毛が出てくる頃という意味。

宇奈月は篠突く雨の日が多く、かき入れ時の黒部峡谷鉄道も空席が目立つ。

山あいの宇奈月の里に、晴れ間を縫って遅ればせながら秋あかねが飛び交う。

越中八尾では、風の盆の前夜祭が各町内持ち回りで行われる。

立春から数えての210日はもうすぐだ。

カテゴリー: 黒部観光   パーマリンク