桐始花結(きり、はじめてはなをむすぶ)

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 桐始花結(きり、はじめてはなをむすぶ)
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed

kiri03
<うなづき湖畔の桐。5月中旬頃開花>

7月23日から二十四節気は小暑から大暑に変わる。

暑さも最高潮を迎え全国各地から真夏日の便りが届く。

一方では未だ梅雨前線が日本列島に停滞し、各地で川の氾濫や土砂崩れの自然災害が発生している。

七十二侯は、「桐始花結(きり、はじめてはなをむすぶ)」で二十四節季・大暑の初侯。

春に開花した桐の花が実を結ぶ頃という言う意味。

桐はキリ科の落葉広葉樹。

宇奈月温泉上流のうなづき湖の湖畔に多く見られ、五月中旬には薄紫の筒状の花が開花する。

梅雨明時、花は結実し茶色の卵形の実を付ける。

古来桐は、鳳凰の止まる木として神聖視され、桐紋は菊の御紋に次ぐ高貴な紋章として皇室で用いられる。

五七桐紋は、足利尊氏や豊臣秀吉が天皇から賜り使用したので、政権担当者の紋章とも言える。

近代以降は日本国政府の紋章として大礼服や勲章の意匠に使用されている。

カテゴリー: 黒部観光   パーマリンク