温風至(あつかぜ、いたる)

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 温風至(あつかぜ、いたる)
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed

toriasisyouma02
<宇奈月の林道沿いに開花する鳥足升麻(トリアシショウマ)>

7月7日から二十四節気は小暑。

例年この時期は、長く続いた梅雨が終わりを告げ夏本番となる頃。

今年は梅雨前線が日本列島の南側に居座り、九州では未曾有の水害をもたらしている。

本州各地では夏日を記録するところが相次ぎ、異常気象に見舞われる日本列島である。

今年の小暑は、七夕と重なり7月17日まで。

七十二侯は、「温風至(あつかぜ、いたる)」で二十四節季、小暑の初侯。

温風とは南風のことで、温風が吹いて蒸し暑い日が増えてくる頃という意味。

沖縄などの南の方から順に梅雨明けが始まるのもこの時期。

雨上がりの山では夏の花が咲き始め、昆虫の活動も活発化する。

宇奈月の登山道では、山吹升麻や鳥足升麻、矢車草等の大形の花が開花する。

清楚な白花が林の中にひっそりと咲いている。

カテゴリー: 黒部観光   パーマリンク