梅子黄(うめのみ、きばむ)

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 梅子黄(うめのみ、きばむ)
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed

irizake

6月16日から七十二侯は、梅子黄(うめのみ、きばむ)で二十四節気は芒種の末侯。

梅の実が熟して黄ばむ頃という意味。

梅が黄ばんでくると梅干を作るための収穫となる。

これからは、雨の多い時期で梅も雨に濡れ完熟し、梅の雨と書いて梅雨(つゆ)となる。

延楽では梅干しの塩梅と特製出汁で「煎り酒」を作り、白身魚のお造りに合わせる。

醤油ができる前までは、刺身ダレとして使われていた。

山葵と合わせると白身魚の旨みが冴え渡る。

地酒ととても相性が良く、売店の人気商品となっている。

カテゴリー: 黒部観光   パーマリンク