月別アーカイブ: 11月 2017

金盞香(きんせんか、さく)

damuko
<うなづき湖>

11月17日から七十二侯は「金盞香(きんせんか、さく)」で二十四節気の立冬の末侯にあたる。

金盞香が咲き始める頃という意味。

金盞香とは水仙のことで別名「雪中花」。

五弁の花びらの真ん中にある副花冠が金色の盃を表す「金盞(きんせん)」に似ているところから金盞香と命名。

宇奈月温泉は冬型の気圧配置で気温も下がり時雨模様。

雨上がりの霧が山を覆い、時折切れ間から深紅に染まった木々が現れる。

雨の紅葉の峡谷は一段と幻想的になる。

山の頂が雪化粧すると黒部の三段初め、五段染めが現れる。

カテゴリー: 黒部観光 |

地始凍(ち、はじめてこおる)

kurobe_aki
<黒部峡谷の紅葉>

11月12日から七十二侯は「地始凍(ち、はじめてこおる)」で二十四節気の立冬の次侯にあたる。

陽気が弱まって日ごとに冷え込みが増し、大地が凍り始める頃という意味。

宇奈月の里では霜や霜柱は未だ少し早いが、冷たい時雨が降ったりやんだりを繰り返し、ひと雨毎に冬へと近づいていく。

黒部峡谷に分け入ると、まだまだ紅葉に出会える。

色濃い黄金色と深紅の照り葉だけが残り、天からの光に照らされて美しく輝く。

山路で様々な形の落ち葉を拾い集めるのも黒部の楽しみ方の一つだ。

慣れてくると葉を見ただけで樹木がわかる。

そこまでくると黒部の名ガイドといえる。

カテゴリー: 黒部観光 |

山椿開(つばき、はじめてひらく)

hananoyu_aki
<延楽・総檜露天風呂「華の湯」>

11月7日から二十四節気は立冬に入る。

黒部の山々の稜線は、葉が落ち木々が立ち並ぶ景色へと移り変わる。

山の中腹から下は紅葉真っ盛り。

七十二侯は、「山椿開(つばき、はじめてひらく)」で二十四節気は立冬の初侯にあたる。

木枯らしが吹き山茶花が咲く頃という意味。

山あいの出湯宇奈月は、今が最も紅に美しく染まる頃。

これから日ごと深紅が増してくる。

錦繍の峡谷を檜の香り漂う露天風呂に浸かりながら眺める。

まさに至福のひと時である。

黒部峡谷鉄道は、峡谷の紅葉を求めるお客様で連日賑わっている。

富山湾では本ズワイ蟹が解禁となり、黒部漁港の市場には生きたズワイガニがずらりと並ぶ。

紅ズワイガニは9月1日が解禁で、県内の寿司屋ではお馴染みのネタである。

これから本ズワイガニ、紅ズワイガニのシーズンとなる。

カテゴリー: 黒部観光 |

楓蔦黄(もみじ、つた、きばむ)

urihadakaede

11月2日から七十二侯は「楓蔦黄(もみじ、つた、きばむ)」で、二十四節気「霜降」の末侯にあたる。

楓や蔦が黄色く色付き紅葉が始まる頃という意味。

宇奈月温泉周辺は黄色や赤に彩られ、これからその濃さが増してくる。

黒部峡谷は、日一日と深紅が鮮やかになる。

黒部峡谷には楓の大樹が多く自生する。

赤く染まる楓は、ハウチワカエデ、ウリハダカエデ、イロハモミジ、ヤマモミジ等。

黄色に色づく楓はイタヤカエデ、ヒトツバカエデ等があり、常緑樹の緑と流れる水の青さが入り混じり峡谷は極彩色に彩られる。

今はなき日本画家、塩出英雄先生が欅平竪坑上部の展望台から黒部峡谷を望まれた時、黒部は荘厳な宗教的美しさがあると感嘆されていた。

その時の取材を基にした作品がセレネ美術館に収蔵展示されている。

カテゴリー: 黒部観光 |