月別アーカイブ: 8月 2014

北陸新幹線W7系の試験走行始まる

W7_00

来年3月の北陸新幹線開業に向けた試験走行でJR西日本が開発した新型車両W7系が8月5日から金沢・上越妙高間で初めて走行されました。

宇奈月温泉の最寄駅は「黒部宇奈月温泉駅」で、その直下に富山地方鉄道の新駅「新黒部駅」が設置され新幹線開業日からの稼働の予定です。

宇奈月温泉まで12mの距離です。

デザインを監修したのは奥山清行氏でGMやフェラリーをデザインしたことで有名です。氏は和の未来をコンセプトに「新幹線は土地の文化を運ぶ手段。文化の象徴だ」と語っておられます。

正面から側面に走るラインは銅色で富山の産業のベースになっている銅を表しています。

正面から屋根に走る青いラインは北陸の空をイメージしています。

車体色の白色は磁器の綺麗な白で白磁の白です。

九谷焼や丸山焼きのイメージかもしれません。

新型車両W7系はまさに和の3色を纏っています。

カテゴリー: 黒部観光 |