月別アーカイブ: 10月 2013

延楽ウォーク(黒部峡谷下の廊下・東谷吊橋)

黒部峡谷・下の廊下にかかる東谷吊橋です。

このすぐ上流の山腹に黒部川第四発電所があり、送電線の引きだし口が2基見えます。

このつり橋を渡ると直ぐに仙人ダムがあり黒部ダムから続いた日電歩道の終点となり、水平歩道の始まりとなります。

黒部峡谷、東谷から上流は立山町となり下流は黒部市となります。

阿曽原小屋まで後1時間です。

カテゴリー: 黒部観光 |

延楽ウォーク(黒部峡谷下の廊下・S字峡)

十字峡の剱沢にかかる吊橋を渡り、2km程下ると半月沢があります。

その沢を大きく回り込むと、深く切れ込んだ半月峡、S字峡の雄大な絶景が足元に連続して見えます。

中でもS字峽は、花崗岩が長い時間をかけて侵食されて出来た深い谷で、その白さに雪解け水が清流となって作り出す青い淵が美しく映えます。

下流の対岸に目をやると黒四地下発電所の送電線引き出し口が見え、めざす阿曽原小屋まであと2時間の道のりです。

カテゴリー: 未分類 |

延楽ウォーク(黒部峡谷下の廊下・十字峡)

黒部峡谷・下の廊下は黒部ダムから欅平までの約30kmの登山道で深い断崖絶壁の感動の谷の連続です。

電源開発の資材を人力で運ぶために戦前に日本電力によって造られました。

毎年、積雪や落石などの状況で通行可能期間が変わりますので事前の確認が必要です。

黒部ダムから12km下流、所要時間約5時間のところに、黒部川本流に剱沢の急流と棒小屋沢の急流がぶつかる景勝の地があります。

かつて冠松次郎が世に紹介した黒部峡谷・十字峡です。

激しくぶつかり合う本流と支流の青い急流は、深い渓谷に複雑な流れを生み出します。

カテゴリー: 黒部観光 |

秋の室礼(収穫の頃)

お食事処「清渓」と料理茶屋「竹次郎」の秋の室礼です。

今年も黒部川扇状地では芳醇な香り高いコシヒカリが豊年万作。

名水の里、黒部平野では秋野菜が瑞々しく育っています。

黒部の山々では、栗や栃が豊かに実をつけました。

今は実りの秋、収穫の頃です。

母なる黒部川に感謝し、実り多き土地に感謝し、黒部の自然に感謝したしつらえです。

カテゴリー: 未分類 |

モーツアルト音楽祭

今年のモーツアルト音楽祭は、天候にも恵まれ9月21日から9月23日に盛大に行われました。

温泉街の至る所で演奏が繰り広げられ、モーツアルトの名曲が黒部峡谷に響きました。

今年の演奏家の参加は過去最多の19団体と個人29人で合計で445人でした。

音楽祭のためのプロ演奏家らで結成されたオーケストラの演奏を除きすべて無料で鑑賞できるので人気があります。

山彦鉄橋で演奏されたホルン奏者らの画像がお客様から届きました。

当日はモーツアルトが至る所に出演しています。

カテゴリー: 黒部観光 |